土のうを注文しよう【簡単に申し込みができるので便利】

記事一覧

座席

会場設営に欠かせない

イベント会場などを設営する場合、観覧席の設置が必要となるケースがある。これらの観覧席設置では、常設か仮設かにより設備を選ぶことがポイントである。仮設の場合には、折りたたみ式の簡易観覧席を利用することでコストも抑えられる。

工事

浸水を防ぐために使用

土のうは水害時に建物の中に水が入ってくるのを防ぎ、資産を守るために利用されます。また、排水口の蓋が吹き飛んでしまうのを防ぐためにも使用することができますが、圧力を逃がすために隙間を空けた積み方をするようにしてください。

セミナー

専門業者に頼む

観覧席の設置は専門業者に頼むことになります。その方が安全で安心できるからです。また、設置と観覧席の購入は別の業者になることもあります。トータルで依頼したいのなら、設置業者にまずは相談してみましょう。適切な観覧席を提案してくれるかもしれません。

工事現場

材質で大きく違う

土のうとは袋に土砂を入れたものです。入れる袋のことは土のう袋と呼ばれますが、この袋には一定の耐候性が求められます。土のうは仮設が原則ですが、仮設で耐候性のない材質を使ったものであれば撤去するさいにバラけてしまい余計な時間がかかることになります。

作業員

観客収容人数を増やす

イベント会場やスポーツ大会・音楽ライブ会場などで仮設観覧席を設置すれば、観客収容人数を増やせます。レンタルされている仮設観覧席の中には、誰でも簡単に設置や移動・撤去ができる製品も少なくないものです。このような観覧席を導入すれば、道路やグランド・公園などがイベント会場やスタジアムへと早変わりします。

保管場所と使い方を覚える

土のう袋

訓練を忘れない

大雨が降って水害が発生したときには被害を小さくとどめるために速やかに土のうを設置する必要があります。そのため土のうの保管場所を知っておき、使い方を覚えておくようにしましょう。土のうは公園の駐車場などを利用して地方自治体が準備していることが多くなっていますので、地域で使用する時には自治体で準備した土のうを使うようにしてください。工場や事業所では設備や商品を守るためにも、各自土のうを用意して、すぐに使えるようにしておきましょう。土のうの保管場所がわかっていたとしても使い方がわからなければ意味がありません。また、ひとりが知っていたとしても土のうの設置は何人もで行う作業なので、地域や事業所で訓練をしておくように心がけて下さい。土が入っていない場合は、25kgを目安に土を入れるようにします。訓練のときにはスコップで何杯位入れるとちょうどよいかを確認しておくようにしましょう。土のうは水が入ってこないようにせき止めるために積み重ねると考えがちですが、どちらかというと水の流れを変えるイメージで積み重ねるとよいでしょう。水が流れてくる方向を確認して、そのままでは住居や事業所内に水が入ってきそうであれば流路を別に作ってあげるような感じになります。土のうの土を入れる口を水が流れてくる方向に向けてしまうと内部に水がどんどん入ってきて水と一緒に土のうが流れて行ってしまうので、縛っていない側を水が流れてくる方向に向けるようにしてください。

Copyright© 2018 土のうを注文しよう【簡単に申し込みができるので便利】 All Rights Reserved.