土のうを注文しよう【簡単に申し込みができるので便利】

記事一覧

材質で大きく違う

工事現場

耐候性を求める必要性

土のうとは土砂を詰める袋のことで、袋に土砂を詰めることによって簡易な土留の素材として使われます。また土砂を詰めることによって土砂を運びやすくすることができるので、土砂を運搬するさいの手段としても使われます。一般的に土のうといえば、土木資材として扱われ簡易な土留や積み上げることで水などの流入や流出を防ぐために使われています。土のうのサイズは持ち運びやすい大きさのもので48cm×62cmのものが基本サイズです。この半分タイプのものもありますが、いずれにしても効率よく運ぶサイズとしては人が抱えられるサイズがもっとも適しています。土のうは袋と土砂によって構成されており、土留の能力に関しては中に入れる土砂によって変わってきます。例えば砂であれば粒子が細かいので土のう同士をフィットさせることができるので密着性の高い壁を作ることができます。一方で粘質の土を使えばフィット性は劣りますが浸透性がないので水を防ぐことができます。土のう袋は仮設として使われることが一般的です。素材おしてはPEやポリエチレンが使われており、比較的熱や紫外線に強い素材が使われていますが、グレードが作り方によって耐候性が変わります。PEやポリエチレンのグレードが高いものを使用していたり、破れにくいように工夫した織り方をしている土のう袋はそれだけ耐候性があり数年程度持たせることができます。耐候性がない素材を使うと袋が衝撃で破れてしまいその場でバラけてしまいます。このため使い捨てであっても耐候性に優位性のある材質を使うことで無駄な時間をかけずに済みます。

Copyright© 2018 土のうを注文しよう【簡単に申し込みができるので便利】 All Rights Reserved.